2008年10月19日

■ 犬の運命


     フリマで、犬猫の里親探しがあっていた。

     子猫や子犬にまざって、成犬になって
     捨てられたであろう茶色い犬が
     サークルに入れられていた。

     話を聞くと、その犬は来週、保健所へ行く予定
     らしい。ボランティアの人も、切なそうに、
     

     「誰か飼ってくれたらね〜・・・・・・・・」と、
 
     犬をなでながら話してくれた。
     
     犬は、何も知らずに、ボランティアのおじさんの、
     顔をみつめ、しっぽを振っていた。


     里親を探すといっても、なかなか、みんな
     決断できないようで、ほとんどの猫や犬は
     飼い主が見つからないままのようだった。


     家の娘も、しつこいくらい、私にねだってきた。

     『 あの、犬ちゃん、殺されるんだよ。
       助けてあげようよ。ねぇ、お母さんお願い。』

     でも、我が家にも犬がいて、母子家庭の我が家では、
     犬を2匹も飼う余裕なんてない。



    
     娘は、里親さがしのチラシを片手に、
     
     『  飼い主になってあげてください。 』  
  
    
     会場にいる、大勢の人に、声をかけて回っていた。


  
     私のフリマの手伝いはしてくれなかったけど、
     自分の意思で、犬達を助けたいと思う気持ちが
     あるようで、少し、成長した我が子をみた気がした。



     


     フリマも、終わりかけの頃、娘が大声で叫びながら
     嬉しそうに走ってきた!!!



     『  ママ〜!!!!!


        あの、大きな犬ちゃんを飼ってくれる人が

                     いたよ〜〜〜!! 』





      子犬や子猫が居る中で、成犬になったあの犬を
      選んでくれた人がいたらしい。


      すごく、嬉しい気分になった。


     


      

      私のフリマの売り上げは、いまいちだったけど、
      なんだか、嬉しい気分で、家路に・・・。



      すると、その、犬と新しい飼い主が散歩していた。

      





      よかったね〜。




      切ないけど、ちょっと、人の優しさを感じた
      そんな日でした。












     
posted by 元人妻 at 20:27| Comment(36) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。